トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

FRP製品

【軽トラ荷台ボックス トラボ】 ゲルコートってなんなの??

こんにちは。
トラボのことならトラボ営業の深田です。
製品情報はもちろん、製造工程に関する詳細も熟知しており、お客様が求める最適の情報をお届けします。
トラボのことならおまかせください!

 

今回はトラボ表面の『ゲルコート』についての話をしてみたいと思います。

 

ゲルコート ってご存知の方は少ないのではないでしょうか??

分かりやすく説明してみましょう!(←できるかな?心の声)

 

FRPは、型にガラス繊維(マット状)を樹脂で塗り固めて成形することを基本とするのですが、

脱型(型から抜く)した製品の表面に  ガラス繊維のザラザラした感触があるのは嫌ですよね?

積層面
(ザラザラしています)

そこで、登場するのがゲルコート(=ゲル状の樹脂、様々な色に着色可能)

ゲルコート
(標準色:トラボホワイトのゲルコート)

ゲルコート塗布
(トラボ本体型にゲルコートを吹き付けしたもの)

あらかじめゲルコートを型に吹き付け、コーティングし、その上にガラスマットを敷き、樹脂を塗ります。

「ゲルコート層」と「ガラスマット」は樹脂で接着し、そのまま硬化します。(ゲルコートにも樹脂にも「硬化剤」を添加)

脱型した成形品の表面は  ゲルコート層で覆われていますので、ガラス繊維のザラザラ感はありません

トラボ本体脱型品
(本体脱型後の表面 つるぴかです)

ゲルコートのメリットは他にもあります。

■軽いキズなどから強化材のガラス繊維を傷めないように保護する。
■水や薬液などを浸み込ませないため、製品(トラボ)の耐水・耐薬品性が向上させる。
■あとで塗装する場合、下地処理がしやすくなる。などなど

 

簡単ですが、ゲルコートって大切な役目をもっているっていうこと、少しお分かりいただけたでしょうか?

 

次回、トラボに使用しているゲルコートと鏡面仕上げについて書いてみたいと思います。

トラボに使用しているゲルコート、実は

最高グレードなのです!

 

次回をお楽しみに!

 

 

 

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933

軽トラ専用荷台ボックス トラボ トラボのページはこちら   https://www.trubo.jp

ページトップへ戻る

アーカイブ