トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

購入者FAQ05

Q5 標準タイプは庫内温度が高くなりやすいですか?

トラボのハッチ(扉)は内部に高性能断熱材(発砲スチロールの厚み40mm相当の断熱性能)を使ったサンドイッチ構造になっています。
真夏の直射日光下では軽トラックのキャビンは70~80℃まで上昇することもありますが、トラボ荷室内は外気温とほぼ変わりません。
保冷剤を使用することにより、簡易保冷庫として乳製品、お弁当、野菜など「食品」も運ぶことが可能になります。
https://www.trubo.jp/concept.html#c0

  • Google+
  • はてブ+
  • LINE

ページトップへ戻る

アーカイブ