トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

保冷コンテナ, 標準タイプ, 軽トラック

軽トラの需要 荷台の広さよりも快適性を求める時代へ? その2

こんにちは。
トラボのことならトラボ営業の深田です。
製品情報はもちろん、製造工程に関する詳細も熟知しています。
トラボのことならおまかせください。

 

先日のブログの続きです。
前回のブログ → https://www.trubo.jp/normal/10586.html

 

みなさん、ご自分の軽トラに載せる荷物の量についてどのように思いますか??

「たくさん荷物を積みたい」 ですか?

 

「軽トラは必要だけど、荷物はたくさん積まない」

「軽トラは通勤や遊びに使うセカンドCAR」(小回りが利く、燃費が良いなど)

 

このような方もいらっしゃいます。

 

ハイゼットジャンボのユーザーが増えてきているのは言わば、このような ” 現象 ” といいますか ” 行動 ” が確認できると思うのですが、

そもそも『どうせなら広い室内で快適に乗りたい』という欲求が背景にあり、

根幹は『〇〇を楽しみたい』という心理がはたらいている、と私は思っています。

〇〇には「軽トラ」「生活」「趣味」「仕事」など個人によって様々な言葉が入ると思います。

 

そしてトラボユーザー様、現在ご検討いただいている方々もおそらく、

『〇〇を楽しみたい』という共通した心理がはたらいているのではないかと思います。

人生を楽しむ

生活に余裕、考え方にも余裕ができ、『質のいい生活』を求めるであろう『40代~』

ユーザー様の年代やトラボHPに訪れて下さる方々の年代で多いのが『40~50代』

偶然ではない気がします。

 

「もう少し背の高いトラボはないですか?」
「荷台の1/2サイズ、1/3サイズのトラボはないですか?」
「軽トラの両側アオリ部分が開閉するトラボはないですか?」など

これまでに 様々なお問合せをいただいております。

 

全軽トラユーザーを100とするなら、トラボがマッチングするのは0.5くらいでしょうか?

もしかしたらもっと少ないのかもしれませんが、需要は確実にあります。

その需要を簡単に計算してみました。

2014年において登録されている軽トラックは約490万台、そのうち新規格車が80%(少なく見積って)と仮定すると、

トラボがマッチングする可能性がある軽トラ台数は『19,600台』。

現在、トラボ累積販売台数は約800台。(まだ4%です

残り18,800台の軽トラユーザーの大半がおそらく、トラボのことをご存知ではないと思います。

ですが、トラボユーザー様がトラボを搭載して走っていただいているおかげで、年々お問合せ件数が増えています。

 

ありがとうございます!

本当に感謝しております!

そして、これからもどうぞよろしくお願い致します!

 

 

次回は軽トラメーカーさんのオプションをピックアップ。
『快適性を求める時代?』の意味がご理解いただけるのではないかと思います。

 

 

 

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933  
お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html

軽トラ専用荷台ボックス トラボ トラボのページはこちら   https://www.trubo.jp

ページトップへ戻る

アーカイブ