トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

トラボの特徴, 保冷コンテナ, 標準タイプ

軽トラ荷台ボックス「トラボ」 特徴 その② 施錠で安心・安全(後編)

前回ブログの続きです。

前回のブログ  軽トラ荷台ボックス「トラボ」特徴その②施錠で安心・安全(前編)
https://www.trubo.jp/normal/10380.html

 

トラボのハッチ(扉)にはガススプリングが組み付けてあり、そのガス反力でハッチは常に開こうとします。

ですが、ハッチが閉じた状態を維持できなければ製品になりません。

ハッチが閉じた状態を維持できるのは、ハッチ側に組み付けてある「ロック金具(つかむ金具)」が本体側に組み付けてある「それを受ける金具」をつかみ続けることで成立しています。

ロック金具は弊社では分かりやすく『ドアキャッチ』と呼んでいます。(正式名称は「スナッチロック」)

この金具は、車の扉に使われているロック機構(ダブルロック)と同じタイプで、振動や衝撃が激しい機器やトラック・バス・特殊車・シャッター等使用されています。

ロックの状態は「音」で判別できます。

2回「カチカチ」と音がするまで閉めれば完全に閉まった状態。〈ダブルロック〉

1回の「カチ」だと、自動車でいう半ドア状態。〈シングルロック〉

 

 

1回の「カチ」(シングルロック)で悪路や高速走行したらどうなるの? 

 

これはその状態で走行した場合の動画です。

ハッチが開くことはありませんでしたが、安全のため確実にダブルロックされていることをご確認ください

専用のカギをかければより安心です。

 

 

 

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html

軽トラ専用荷台ボックス トラボ トラボのページはこちらhttps://www.trubo.jp

ページトップへ戻る

アーカイブ