トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

トラボ 動画, トラボの特徴, 保冷コンテナ

軽トラ荷台ボックス 「トラボ」 特徴 その⑤ 保冷・保温できるタイプも設定

 

 

今回は、 特徴 その⑤ 保冷・保温できるタイプも設定 についてご紹介します

 

トラボは、大きく分けて「標準タイプ」・「保冷タイプ」2種類の機種があります。

保冷・保温できるタイプを「保冷タイプ」としております。

 

まだ、「標準タイプ」しかなかったとき 牛乳宅配業の方にアドバイスをいただき、平成22年「保冷タイプ」が 誕生しました

 

保冷タイプは、荷室全面に高断熱材を組込み二重構造とし、ハッチ(扉)内側には 更にアルミ断熱シートを追加して保冷効果を最大限高めたコンテナです。
 ※標準タイプは、ハッチ(扉)のみの簡易断熱です。

トラボは 保冷剤を使用し 冷水を10度以下に5時間以上保った試験実績があります

その動画です↓↓↓

 

保冷を必要とする食品などの運送に使っていただいており、とくに牛乳宅配業界で多くの方に ご活用いただいております

その他、精肉・鮮魚・弁当宅配業界の方々にも 広まりつつあります

 

 

トラボ保冷タイプを 平シートや保冷車と比較し、まとめました。

軽トラ平シート 軽トラ平シートと比べて

安心・安全

・品質管理ができて安心
  ※真夏でも10℃以下を保つことができます

・高断熱構造で保冷剤が長持ち
  ※外気温はもちろん、エンジンの輻射熱もさえぎります

・衛生的でイメージアップ
  ※密閉構造で雨やほこりから食品を守ります

・中がよく見える
  ※ハッチ(扉)が 大きく開くので、中のものが 確認しやすいです

 

保冷車 保冷車と比べて

配達効率UPでコストダウン

・ハッチ(扉)の開閉が楽・音が静かで気遣い不要
  ※ガススプリングの力で 軽く開き、音も小さく気になりません 

・うしろがよく見えて安全
  ※後部の窓をふさがないサイズになっています

・牛乳宅配にちょうど良い大きさ
  ※180クレートの最大積載量(容積の目安)は Fタイプ が10個×3段、Sタイプが7個×3段です

・軽いので燃費が良い
  ※保冷タイプのトラボ自体が Fタイプ が約72kg、Sタイプが約59kgです

・冷気が逃げにくい構造・保冷剤長持ち
  ※形状が箱型なので ハッチ(扉)を開けても 下へたまった冷気が、逃げにくくなっています

・価格が安い
  ※保冷タイプのトラボは  Fタイプ が33万円、Sタイプが30.2万円です

・のせかえが簡単
  ※荷台にのせるだけなので、軽トラを買い替えても やはり、のせるだけです

・配達がスムーズ
  ※ハッチ(扉)の開閉が簡単にできます

・配達が楽しくなった
  ※「トラボを導入して以来、お客様の反響を受け 配達スタッフが胸を張り、自信を持って仕事に取り組むようになりました。」という声をいただいております
※装飾することで 注目され、声をかけられることもあります

明治ミルクボーイ様_4

明治ミルクボーイ様_3

モーモートラボ

牛乳屋さん シール

保冷タイプ

山口県 牛乳屋さん

 

 

保冷タイプ専用ページはこちら → https://www.trubo.jp/coolbox.html

 

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html

軽トラ専用荷台ボックス トラボ トラボのページはこちらhttps://www.trubo.jp

ページトップへ戻る

アーカイブ