トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

趣味, FRP製品

デルタリンク社 バンコンの人気モデルキャンピングカー ダーウィンQ3

こんにちは。
トラボのことならトラボ営業の深田です。
製品情報はもちろん、製造工程に関する詳細も熟知しており、お客様が求める最適の情報をお届けします。
トラボのことならおまかせください!

本日はトラボではなく、弊社が製造している他の製品パーツの一つをご紹介します。

いわゆる下請けですが、キャンピングカーの窓枠は製造させて頂いている製品の一つです。
動画の中に出てくる、特徴的な黒く大きな窓枠、車内の窓枠は弊社で製造させて頂いております。

このキャンピングカーの名前は【ダーウィン】といいます。
この動画はダーウィンQ3といい、ベース車はTOYOTAハイエースのスーパーロングです。
(ハイエースロングもあり、これはダーウィンQ1といいます。)

ハイエースやキャラバンなどの商用車(バン)をベースに改造 (コンバージョン)したキャンピングカーのことを
『バンコン』といいます。
通常ボディの外側にはあまり手をかけず、主に室内に改造を加えています。
改造部分が少ないバンコンのメリットは、取り回しに優れている点で、日常生活と旅を1台で賄うことも可能です。

このバンコンの中でもダーウィンは人気モデル。
実際、ダーウィン用FRP製窓枠の受注数が増えてきていますので間違いないです!

このダーウィンQ3のコンセプトは「快適で優雅なクルマ旅」
それに見合った豪華なインテリアと快適性が与えられています。(いいなぁ、、、欲しい)
※デルタリンク社ダーウィンHPもご覧ください   →   http://www.delta-rv.jp/darwin/

エクステリアデザインやインテリア、あるいは家具の素材などにこだわった設計思想が反映されていますが、
スタイリッシュな外観に隠れているのは、 徹底した断熱性能 です。

断熱性能を高めるのに効果的な手法である窓埋めは、右側リアウインドウのみ架装しているモデルは多くあるようですが、
加えてハッチドアのウインドウを架装しているモデルは多くなく、
更には、左側リアウインドウまで架装しているモデルはかなり少ないようです。

右側ウインドウはエクステンションウインドウ(黒い窓枠)となっていて、前部のウインドウまで出窓タイプになっています。
このエクステンションウインドウのおかげで、なんと 車幅方向に就寝できるのです!

ダーウィン窓枠

デルタリンク様から、車幅方向に寝れるようにするためのお話は事前に聞いていました。
実際に形になったものを見ると、「おぉぉー、なるほど!」です。

クルマ旅は私がしてみたいことの一つです。
快適で優雅であれば、旅の思い出もワンランク上がること間違いないでしょう。

(あぁ、、、欲しいな)

 

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933

軽トラ専用荷台ボックス トラボ トラボのページはこちら   https://www.trubo.jp

ページトップへ戻る

アーカイブ