トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

お知らせ, 軽トラック

2018年1月~4月の軽トラ販売台数TOP3の知っておきたい燃費は?

こんにちは。

軽トラ荷台ボックスならトラボ!を製造・販売している山陽レジン工業です。

 

2018年1~4月の最新販売台数を元に、人気の軽トラック全8車種をランキング形式でご紹介します!更にそのTOP3車種の気になる燃費情報をお伝えします。

軽トラック販売台数一覧(2018年1月〜4月)

メーカー名・モデル名 販売台数
ダイハツ ハイゼットトラック 26,192台
スズキ キャリイ 19,614台
ホンダ アクティトラック 5,655台
日産NT100クリッパー 5,098台
スバル サンバートラック 2,239台
三菱 ミニキャブトラック 1,710台
トヨタ ピクシストラック 1,488台
マツダ スクラムトラック 1,021台

2018年1月~4月の軽トラック販売台数は上記のようになりました。
次に、販売台数が多かった3台の燃費(JC08モード)をご紹介していきます。

販売台数3位 ホンダ アクティトラック

2YA_タイプ_goto

1977年から本田技研工業が製造・販売している軽トラックです。
悪路に強い4WDや広い室内空間、長くて使いやすい荷室等、軽トラックとして必要なポイントは抑えており、ボディのサビに関しても、最長で5年間保証されます。

燃費:燃費(JC08モード)

17.0-18.4km/L

販売台数2位 スズキ キャリイ

KC_Z2S

1961年からスズキが製造・販売している軽トラックです。

1971年から2009年までの39年間、国内販売のトラックにおける、車名別年間販売台数1位の座を守り続けました。
本車はマツダ「スクラムトラック」や三菱「ミニキャブトラック」、日産「NT100クリッパー」としてOEM供給も行っています。

燃費:燃費(JC08モード)

17.0-19.8km/L

販売台数1位 ダイハツ ハイゼットトラック

07_mainimage

 

ダイハツ工業が製造・販売している軽トラックです。
1960年に初代モデルが発売された本車は、現行の軽トラックとしては日本で最も古い商標であり、現在日本で最も売れている軽トラックでもあります。
トヨタ「ピクシストラック」やスバル「サンバートラック」として、OEM供給も行っています。

燃費:燃費(JC08モード)

17.4-19.0km/L

 

という結果でした。

 

今回ご紹介した燃費はカタログに表記されている燃費です。

実際の燃費とは異なりますのでご注意ください。

 

↓トラボのホームページはこちらから↓

logo

 

 

 

↓お客様の声はこちらからご覧ください↓

FireShot Capture 256 - ブログ I トラボ 軽トラ専用荷台ボックス - https___www.trubo.jp_blog.html

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html

 

 

ページトップへ戻る

アーカイブ