トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

標準タイプ, ノウハウ, お知らせ, 日常

トラボ本体部の溝掃除方法をご紹介!

こんにちは。

軽トラ専用荷台ボックス「トラボ」の製造販売をしている山陽レジン工業です。

トラボを使用していただいているお客様でトラボの本体部の溝が汚れているな、溝は掃除しにくいなと思われた方もいらっしゃると思います。

今回のブログはトラボ本体部の溝掃除方法をご紹介させていただきます

 

ご準備いただくもの

・雑巾(タオルでもOK)2枚

・棒(しっかりした細い棒や平べったい棒など)

・中性洗剤(食器洗い洗剤など)

 

①左右のハッチを全開にします。

ハッチ掃除1

 

②後方の溝から掃除開始です。

少し湿らせた雑巾に中性洗剤をつけて本体部の溝に雑巾を入れます。

ハッチ掃除2

棒や手を使って 雑巾をゆっくりスライドさせ汚れを落としていきます。

ハッチ掃除3

汚れが落ちたらもう一枚の雑巾でキレイに拭き取とります。(雑巾を湿らせておくと拭き取りやすくなります)

 

③次は奥の溝掃除です

トラボ後方の奥の溝にトラボの後ろに回り先程と同様中性洗剤をつけている雑巾をいれます。
ハッチの隙間から手の届くところまで棒を使って雑巾をスライドします。
(トラボに傷が入らないよう気をつけてください。)

ハッチ掃除5

 

ハッチの正面に戻って写真のように棒を使い再びスライドさせていきます。
この部分は細いですが、真っ直ぐなのでスライドしやすいと思います。

DSCN7546-640x480

奥の溝も同様にもう一枚の雑巾でキレイに拭き取とります。

 

④最後に前方の溝掃除です

前方の溝は後方の溝と同じように掃除してください。

ハッチ掃除8

このようにしていただくと掃除がしにくい溝でも簡単に掃除ができます

掃除は定期的に行うことで汚れも簡単に落ちますので2~3ヶ月に1度されることをオススメいたします

 

 

↓トラボのホームページはこちらから↓

logo

 

 

 

↓お客様の声はこちらからご覧ください↓

FireShot Capture 256 - ブログ I トラボ 軽トラ専用荷台ボックス - https___www.trubo.jp_blog.html

 

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html

 

  • Google+
  • はてブ+
  • LINE

ページトップへ戻る

アーカイブ