トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

お知らせ, トラボの特徴, ノウハウ

トラボをお仕事でお使いの方必見!ガススプリングの交換時期を延ばす裏技!

こんにちは。

軽トラ専用荷台ボックス「トラボ」の製造販売をしている山陽レジン工業です。

 

今回のブログは、整備に多少の自信のある方に、ちょっとした裏技をご紹介します。

(トラボの使用頻度によりますが)

 

仕事で頻繁に使っている方は、運転席側右ハッチの開閉頻度が、極めて高い傾向にあります。

pptF9EE.pptm - 自動回復済み

運転席から降りて直ぐに、荷物を下ろす、仕事に掛かるなど、効率上こうなると思います。

仕事の内容にもよりますが、右ハッチは、なんと1日に200回以上(宅配牛乳)の開閉

予想されます。このような使用状態が続くと当然ながら、右ハッチのガススプリングの反力が、低下するのも早くなります。(通常使用では全く問題ありません)

そこで、紹介したいのがガススプリングの左右のつけ替えです。

左右付け替える事で、ガススプリングの交換時期を延ばす事が可能となります

(あくまでも一時的な対応です)

 

 

運転席側ハッチの開閉頻度が極めて高いのに対して助手席側の開閉頻度は少ないという特徴から、
助手席側のガススプリングを運転席側へ付け替えることで、交換時期を延ばすことが可能となります

 

交換方法

①左ハッチ、右ハッチのガススプリングを各1本ずつ外し、付け替えます。

②次に、残りの左右を交換してください。

 

ガススプリングボルト位置

ボルト位置

ご注意

1.

交換作業に自信の無い方は、おやめください。

2.

作業は必ずハッチを支えてもらいながら、行ってください。

3.

各ボルトは、必ずゆるめた時と同じ位置にして、同じ強さで締め付けてください。

4.

ガススプリングの取り付け方向を間違わないようにしてください。

5.

不明な点は必ずお尋ねください。

 

この作業でガススプリングの交換時期を交換を延ばす事が可能となりますので、一度試してみてください

 

 

↓トラボのホームページはこちらから↓

logo

 

 

 

↓お客様の声はこちらからご覧ください↓

FireShot Capture 256 - ブログ I トラボ 軽トラ専用荷台ボックス - https___www.trubo.jp_blog.html

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html

 

ページトップへ戻る

アーカイブ