トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

お知らせ

ドアキャッチ金具の動作不良は『汚れ』が原因の可能性!汚れの対処方法

こんにちは。

軽トラ専用荷台ボックス「トラボ」の製造販売をしている山陽レジン工業の広報です

 

今回の内容はドアキャッチ金具の汚れの対処方法についてです!

 

ドアキャッチ金具は大まかにいうと、ハッチ内側についている、ロックする「ドアキャッチ」とロックを解除する「解除プレート」パーツです。

この解除プレートとドアキャッチの隙間に『汚れ』が溜まると解除プレートの動きが悪くなり、ロックが甘くなってしまいます。

※通常、「カチカチ」とダブルロックするところが、「カチ」だけのシングルロックに。自動車でいうと「半ドア」状態。
※この動画ではドアキャッチと解除プレートとの隙間に「両面テープ」を貼り、動きの悪さを再現しています。実際もこれに近い動き方でした。
※動画では金具単品で作業をしていますが、実際は金具を付けたままでOKです。その際はパーツクリーナーが垂れないようウエスなどで受けてください。

 

動きが悪いからといって「5-5-6」のような ベタベタする潤滑スプレーは使用しないでください!

その時は良くなることが多いのですが、時間経過とともにホコリを吸着し、更に動きが悪くなる可能性があります。潤滑スプレーを使用するのではなく「パーツクリーナー」で汚れを落としてください!

パーツクリーナーパーツクリーナー

パーツクリーナーはホームセンターなどで買うことが可能です。

対処方法は 汚れを落としてやるだけ ですが、

可能ならば、速乾性潤滑スプレー をドアキャッチおよび解除プレートの可動部分にスプレーしてやりましょう。金属の滑りを良くし、摩擦を防いでくれます。※ただし、速乾性のものに限ります。

おすすめは「ドライファストルブ」

ドライファストルブ

ホームセンターではなかなか見つからないかもしれませんが、ネットショップで簡単に手に入ります。使用用途も広いです。成分はフッ素樹脂で、スプレーしたところが白くなりますが拭き取りできます。

鍵穴や閉まりにくい窓のレール部分にひと吹きするだけで驚くほどの効果を確認できます!木製製品にも使え、とても使いやすい商品です^^

 

ドアキャッチ金具の動作が気になる方は是非試してみてください^^

何度も言いますが5-5-6のようなベタベタする潤滑剤はNGです!

 

気になることやご質問は、お問合せページ又はお電話でお気軽にお問合せください。

 

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html 

 

 

↓トラボのホームページはこちらから↓

logo

 

 

 

↓お客様の声はこちらからご覧ください↓

FireShot Capture 256 - ブログ I トラボ 軽トラ専用荷台ボックス - https___www.trubo.jp_blog.html

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html

  • Google+
  • はてブ+
  • LINE

ページトップへ戻る

アーカイブ