トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

お知らせ

軽トラックの荷物を守る幌!本当に安心なのか徹底分析!

こんにちは。

軽トラ専用荷台ボックス「トラボ」の製造販売をしている山陽レジン工業の広報です

今回の内容は使われている方、購入を考えらている方が多い幌について調査いたしましたのでご参考にしてください^^

注意:素人レベルの調査と見解です。参考程度にしてください

幌って何?

軽トラは荷物を運ぶのに便利な自動車ですが、荷台に屋根がありません。その為、雨などが降ると荷台に載せている荷物が濡れてしまう為、軽トラの荷台に組み立てたり紐で固定したりして屋根がわりにする「シート」のことです。

必要な時だけ使用し、必要のない時には外すことができるので利便性が高く、屋根のついていない軽トラを所有している人の多くが所有しています。

様々なタイプがある

軽トラ用の幌と言っても、いくつか種類がありますので少しご紹介いたします^^

シート一枚のタイプ

miniban

シート一枚を荷台にかけゴムベルトで固定させるタイプの軽トラ用幌です。手頃に使用できるのが特徴で、

シートにベルトを固定する輪っかがついているので、荷台の引っ掛け部分へと固定する大変シンプルな仕組みです。

必要がないという時にも畳んだ状態で軽トラに積めるのでとても便利です。

さらに価格も3,000〜10,000円程で買えるため一枚は持たれている方も多いのではないでしょうか?

フレームのタイプ

フレーム幌

荷台に置いた荷物が高さをとるようなら、組み立て式の骨組みを立ててその上にシートをかけるタイプの幌がおすすめです。

高さのサイズは色々ありますが、設置することでまるで屋根付きのトラックのように使用することができるのが特徴です。もちろん設置したり、外したりが簡単に行えます。高さのある荷物がある方におすすめのタイプです。

価格帯も様々で20,000〜100,000円の物までありました。

 

盗難には強いの?

残念ながら、盗難には強くありません。
荷台に引っ掛けているだけなので、誰でも簡単に外せてしまうデメリットはあります。

大切な工具などを載せている方には少し不安が残るかもしれません・・・

 

防水性能は?

防水性のは高く、幌に染み込んでしまうといった事はありませんが、正しくカバー出来ていないと荷台が濡れてしまっていたといった結果になってしまいます。

使用方法を正しく理解しないといけないですね^^

 

より安全なカバーはないの?

幌ではありませんが、弊社が開発、製造している「トラボ」があります!!

トラボは軽トラックの荷台にカンタンに着脱できる軽トラ専用荷台ボックスです。大切な荷物を雨・風・雪・ホコリ・直射日光などから守り、カギ付きなので盗難防止にも最適です。全メーカーの軽トラックに簡単に搭載できます。

最近では女性購入者も増えています

色々な軽トラに載せているオシャレな画像もありますので是非ご覧ください

男性の方は、もちろん!女性の方のお問い合わせもお待ちしております!!

 

下記の画像をクリックするとトラボ搭載画像集に移動できます^^

トラボ搭載画像

 

トラボの事で気になることやご質問は、お問合せページ又はお電話でお気軽にお問合せください^^

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html

 

↓トラボのホームページはこちらから↓

logo

 

 

 

↓お客様の声はこちらからご覧ください↓

FireShot Capture 256 - ブログ I トラボ 軽トラ専用荷台ボックス - https___www.trubo.jp_blog.html

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html

 

  • Google+
  • はてブ+
  • LINE

ページトップへ戻る

アーカイブ