トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

お知らせ

ハイゼットジャンボの新車と中古車!どっちがお得か徹底調査!!

こんにちは!

軽トラ専用荷台ボックス「トラボ」の製造販売をしている山陽レジン工業の広報です

今回は、タイトルにも書かれていたように軽トラのハイゼットジャンボを購入する際に一度は悩まれる事として、「新車と中古車どっちがお得?」です
これからハイゼットジャンボをご購入予定の方は是非、ご参考にしてください^^

ハイゼットジャンボ

ハイゼットジャンボを新車で購入するには120万~150万円以上の費用が必要となりますよね・・・

さすがに「即決!」となるには難しい価格帯だと思います

 

そうなると、多くの方が一度は考えてしまうのは「ハイゼットジャンボの中古車」だと思います^^
中古車であれば安く買える!」と考え検索や近くの中古車屋に行くのではないでしょうか?

しかし、ハイゼットジャンボの中古車を探された方であればお分かりいただけると思いますが、ハイゼットジャンボの中古車はとても高い!と有名です

 

 ハイゼットジャンボの中古車相場は?

ということで現在、ハイゼットジャンボの中古車はどのくらいの価格で販売されているのか調査をしてみました

 ※2021年4月5日のグーネットを調査した結果、(一例です)

・2021年式 ダイハツハイゼットトラック ジャンボSAIIIt 4WD AT 145.1万円
新車変わらない価格のような気が・・・

・2020年式 ダイハツハイゼットトラック ジャンボSAIIIt 4WD AT 130万円

・2019年式 ダイハツハイゼットトラック ジャンボSAIIIt 2WD AT 132万円
え!!!2020年よりも高い価格になっていませんか?

・2018年式 ダイハツハイゼットトラック ジャンボSAIIIt 4WD AT 116万円

・2017年式 ダイハツハイゼットトラック ジャンボ       2WD MT 120万円

・2016年式 ダイハツハイゼットトラック ジャンボ       4WD AT 110万円
5年経っても30万しか下がっていない・・・本当に高いんですね

以上のような結果となりました

5年前のハイゼットジャンボでも100万円を超えている驚きの結果となっています!

InkedDSC_0241_LI

では、なぜハイゼットジャンボはこんなにも高いのでしょうか?

中古車の軽トラが高い理由とは?

そもそも軽トラの用途として荷物の配達、農作業、工場内での移動などにとても使いやすく、さらに乗用車と比較しても維持するための税金や、車検の費用が安いことから、人気が高いといわれています。

デザインが関係しない車という理由も!

軽トラは仕事で使われることがメインとなる車なため、性能やデザインの影響を受けにくいという理由で、年式が経過した軽トラでも値落ちが少なく中古相場が高い理由です。

さらに!ハイゼットジャンボは、居住性が高くデザイン性も高い事から、カスタムする需要もあり、他の軽トラに比べてもより中古価格が高いと思われます!

安いハイゼットジャンボはないの?
とは言っても安い軽トラをお探しの方はどうにかして軽トラを探されようとすると思います。
そこでグーネットを使って10万キロ以上のジャンボを探して見たところ・・・
2016年式 ダイハツハイゼットトラック ジャンボ 4WD MT 88万円 !!
全然安くない・・・(笑)
10万キロ以上でも関係なさそうですね・・・
では年式がさらに古い軽トラでは?
2009年式 ダイハツハイゼットトラック ジャンボ 4WD AT 9万キロ 85.6万円 !!
もう何がなんだか・・・このパターンでも全然高い!
今回、調査して分かりましたが、ハイゼットジャンボの中古で安いモデルはない!ということがよーくわかりました^^
 結局は新車と中古車どっちがお得なの?
 ではここからは本題の新車と中古車どちらを買うほうがお得なのか?ですが、
答えからお伝えすると5年以内の中古車を購入するなら新車がオススメだと思います!
理由としては、5年以内の中古車であれば新車との価格が殆ど変わりません!なので、中古の軽トラを購入して壊れた時のことを考えると、保証が3年間ある新車をおすすめします!
さらに、1オーナーということもあり若干ではありますが買取も高くなるそうです^^
 
しかし、もちろんデメリットもあります。
納車までに1~2ヵ月以上の時間が必要となります。
逆に、すぐに軽トラが必要!となれば、中古車をおすすめします。早く欲しいことを伝えれば1周間ほどで納車も可能とのことです^^
また、少しでも安い軽トラをご購入されたい方は、10年以上前の年式で15~20万キロくらいの軽トラを狙うと良いかもしれません!
私が見つけた軽トラでは、
・2010年式 ダイハツハイゼットトラック ジャンボ 2WD MT 15万キロ 53万円 でした。
これならば、新車と比べると価格帯が大きく違ってきます^^
 最後に!トラボもいかがでしょうか???
DSC_0242

トラボとは?
トラボは軽トラックの荷台に載せるだけ、カンタンに着脱できる軽トラック専用のボックスです。

大切な荷物を雨・風・雪・ホコリ・直射日光などから守り、カギ付きなので盗難にも安心!全メーカーの軽トラックに搭載できます
荷台に合わせて開口部も大きく設計されていますので、動くこともありませんし、スペース効率よく荷物を載せることができます。
また、多くの方が購入の決め手とされている「デザイン性」では、特許庁に意匠(デザインパテント)登録を済ませており、デザイン性も保護されています

様々な特徴があり評価されているトラボですが、選ばれている理由で最も多いのは「デザイン性」です!!
購入者の方からは、

・一目惚れした!

・こんなデザインを探していました!

・メーカーの純正パーツかと思いました!

・色を1色に塗装しても2色にしてもデザイン性が良いので悩みます!

・コンビニに駐車していると「カッコいい!どこで購入したの?」と声をかけられました

とデザインに関するお喜びの声を大変多くいただいています。

 

もちろん、品質面でもご安心ください!

トラボを製造している山陽レジン工業はFRP製造のプロ集団です!
HPに掲載されているアンケートでは「トラボの仕上がり・品質」では、実に99.8%の方が「満足」とお答えいただいております!

まずは、お客様のトラボ写真を集めた搭載画像集をご覧ください^^

下記の画像をクリックするとトラボ搭載画像集に移動できます

トラボ搭載画像

 

トラボの事で気になることやご質問は、お問合せページ又はお電話でお気軽にお問合せください^^

 

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html 

 

 

↓トラボのホームページはこちらから↓

logo

 

 

 

↓お客様の声はこちらからご覧ください↓

FireShot Capture 256 - ブログ I トラボ 軽トラ専用荷台ボックス - https___www.trubo.jp_blog.html

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html

 

  • Google+
  • はてブ+
  • LINE

ページトップへ戻る

アーカイブ