トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

お知らせ

ダイハツハイゼットトラックとジャンボはどれだけ違うの?内装と荷台を徹底比較!

こんにちは。

軽トラ専用荷台ボックス「トラボ」の製造販売をしている山陽レジン工業の広報です。

今回は、ダイハツハイゼットトラックとジャンボの違いについてお話しします

パッとご想像でハイゼットジャンボの方が室内が広い!とお答えは可能だと思いますがその他に詳しくお答えできるでしょうか?
今回のブログをご覧いただきダイハツハイゼットトラックとジャンボの正しい違いをご理解いただきご購入の参考にしてください

 

《室内の違い》

ハイゼットジャンボをご購入される方の殆どがこちらの室内の利便性をご評価され購入されるのでないでしょうか?

【室内の高さ】

・ハイゼットトラック

座席から天井までの高さにはなりますが、95.5mm程となります。(自社スタッフ測定なので多少のズレがあるかもしれません。175㎝くらいの方であれば多少の圧迫感はあるものの問題なく運転できます✨

・ジャンボ
ハイゼットトラックと比べてさらに90mmも高くなっています!
176㎝の人が乗ってもこのとおり!!まだまだ余裕があり背伸びもできそうなくらいです✨

IMG_4952

【リクライニング機能】

・ハイゼットトラック
リクライニング機能はなく、自身の運転しやすいポジションにシートを合わせるのは不可能です

・ジャンボ
リクライニング機能が付いていて、車内で少し休憩する際にシートリクライニングがあるとても便利です^^
また、運転席だけでなく助手席も同じクライニング機能が付いていますので助手席の人にも優しいシートとなっています。

IMG_4945

【スペース】

・ハイゼットトラック
サイドブレーキ後方にコンソールポケット、センタートレイ、助手席トレイなどが物を置けるスペースとなっています。大きな鞄などは置けるスペースがなく、多くの方は助手席に置いています。

・ジャンボ
シート後方に、長さ(縦)175mm、幅(横)1,345mmのシートバックスペースが設けられています
これだけ広いスペースがあれば鞄などはもちろん、工具なども積めれるスペースが確保されお仕事での使い勝手も良いと思います^^

IMG_4944

さらにそのスペース上部にはルームランプが設置され利便性も考えられています✨
(昼間なので明るさはあまり伝わりませんが夜にはしっかりと活躍してくれます^^)

IMG_4953

いかがでしたでしょうか?
室内ではジャンボの方が圧倒的に快適に過ごせることがお分かりいただけたと思います^^
今回紹介した内容以外にも違いがあるかもしれませんがこの位にして、荷台の違いについてお話ししていきます!

 

《荷台の違い》

ハイゼットジャンボをご購入される方の殆どがこちらの室内の利便性をご評価され購入されるのでないでしょうか?

【荷台長さ】

・ハイゼットトラック
1,940mmです。約2mもの長さがあります。ジャンボと比べると約300mmも長く、大きな荷物を積む際にはハイゼットトラックが圧倒的に有利な荷台となります✨

・ジャンボ
1,650mmです。ハイゼットトラックの数値を知った後では小さいと感じるかもしれませんが1.5mm以上の荷台があるので、一般家庭で使われる程度であれば十分な広さだと思います!
しかし、少しでも多くの荷物を運びたいと考えられる方はハイゼットトラックをオススメします✨

【荷台フロア長さ】

・ハイゼットトラック
2,030mmです。なんと2mを超えた長さがあります!!
軽トラの中でもトップクラスの長さになっています^^少しでも長いものを載せたい方は、ハイゼットトラックをお選びになると思います✨

・ジャンボ
1,990mmです。ハイゼットトラックと比べて40mm短い数値となりますが、こちらはキャビン下の使わないスペースを荷台スペースにすることで出来るだけ長いものを積めるように工夫された荷台となります。

IMG_4959

『キャビン下のスペースの大きさ』
キャビン下の長くなっているスペースは幅いっぱいが広くなっているのではありません。また、高さも制限されています。

実際に測ってみましたので是非とも参考にしてください。

先ずは幅から、約1,130mmでした
IMG_4954

次に高さですが、こちらはキャビン下の入り口付近はご覧いただいてお分かりいただけるように、約90mmとなっていますが、奥に行くに伴って高さが低くなっています。

このことから、薄いベニアなどは長いものが積めれたとしても、棚のような大きく厚みのある物は積めれないことが分かりました

IMG_4958

 

いかがでしたでしょうか?

今回はハイゼットトラックとジャンボの違いについてお伝えしました
今回の内容は素人が測った数値もありますので参考程度にお考えください^^

 

最後にトラボのご紹介

ハイゼットトラックとジャンボにご興味がある方、載せるだけで簡単に軽トラを改造できるトラボはいかがでしょうか???

トラボは軽トラックの荷台に載せるだけ、カンタンに着脱できる軽トラック専用のボックスです。

大切な荷物を雨・風・雪・ホコリ・直射日光などから守り、カギ付きなので盗難にも安心!全メーカーの軽トラックに搭載できます
荷台に合わせて開口部も大きく設計されていますので、動くこともありませんし、スペース効率よく荷物を載せることができます。
また、多くの方が購入の決め手とされている「デザイン性」では、特許庁に意匠(デザインパテント)登録を済ませており、デザイン性も保護されています

様々な特徴があり評価されているトラボですが、選ばれている理由で最も多いのは「デザイン性」です!!
購入者の方からは、

・一目惚れした!

・こんなデザインを探していました!

・メーカーの純正パーツかと思いました!

・色を1色に塗装しても2色にしてもデザイン性が良いので悩みます!

・コンビニに駐車していると「カッコいい!どこで購入したの?」と声をかけられました

とデザインに関するお喜びの声を大変多くいただいています。

 

もちろん、品質面でもご安心ください!

トラボを製造している山陽レジン工業はFRP製造のプロ集団です!
HPに掲載されているアンケートでは「トラボの仕上がり・品質」では、実に99.8%の方が「満足」とお答えいただいております!

まずは、お客様のトラボ写真を集めた搭載画像集をご覧ください^^

下記の画像をクリックするとトラボ搭載画像集に移動できます

トラボ搭載画像

 

トラボの事で気になることやご質問は、お問合せページ又はお電話でお気軽にお問合せください^^

 

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html 

 

 


各種SNSでも、さまざまな投稿をしています。

多くの方に「トラボ」を知っていただき、少しでも役に立ちたいと思っています!(๑•̀ㅂ•́)و✧

■ Twitter ツイッター

■ Instagram インスタグラム

■ Facebook フェイスブック


 

 

↓トラボのホームページはこちらから↓

logo

 

 

 

↓お客様の声はこちらからご覧ください↓

FireShot Capture 256 - ブログ I トラボ 軽トラ専用荷台ボックス - https___www.trubo.jp_blog.html

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html

 

  • Google+
  • はてブ+
  • LINE

ページトップへ戻る

アーカイブ