トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

お知らせ

軽トラでトレーラーをけん引するのはアリ?普通免許でも運転できるの?

こんにちは

軽トラ専用荷台ボックス「トラボ」の製造販売をしている山陽レジン工業の広報です。

今回の内容は、「「普通免許でも運転できる⁉」 軽トラでトレーラーをけん引するのはアリなの?」です

ハイゼットジャンボやスーパーキャリイなどのロングキャビンの軽トラが人気なこともあって、最近では軽トラを普段使いする人も増えてきています
もっと言うと、普段使いどころか、完全に「趣味グルマ・遊びグルマ」として軽トラを活用している人も多くなってきています

IMG_4308

荷物もたっぷり積めて使い勝手がいい軽トラはキャンプやアウトドアにも大活躍ですが、キャンプやアウトドアにのめりこんでいる方の中には持ち運ぶ荷物が増えてしまい、荷台がいっぱいでもっと荷物を積みたい!!と思われている方もすくなくないのではないでしょうか???

そんな方にお勧めしたいのが、軽トラに取り付けて運転できるトレーラーです。

荷台に乗りきらない荷物をトレーラーに積んで目的地まで運べる、もしくは自転車やボート、バイクなど目的地まで運びたい、そんな方にオススメなのが軽トラに接続して運べるカーゴトレーラーです

すでに芸能人のYoutubeでも紹介されていて気になっている方も多いかと思いますので、今回は詳しくカーゴトレーラーをご紹介しようと思います

こちらの記事をご参考にしていただき楽しい軽トラライフをお楽しみください^^

 

目次

そもそも普通免許で運転していいの?

トレーラーにナンバーがついているということは……!?

軽トラをスムーズに乗りこなすコツ

 最後にとっておきのカスタムパーツのご案内

 

 

そもそも普通免許で運転していいの?

一番気になるのは、現在お持ちの免許で運転が可能かというところですよね?

ご安心ください。条件はあるものの、普通免許で運転が可能です

その条件とは

・車両とトレーラーを連結したときの先端から後端までの全長が12m以内

・けん引するトレーラーとそれに積む荷物の総重量が750kg未満

となっています

o8e3c1031e591670c19b75f4d16b10f1d_4620693218556506048_211028_0

ただし注意点として、牽引車である軽トラの車両重量がトレーラー車両総重量の2倍に満たない場合には、トレーラー側にブレーキが必要となるなどの規定があります。

ハイゼットジャンボ2WDのマニュアル車の場合、車両重量は800kgですから400kg以下のトレーラーを選ぶ場合は機械式の慣性ブレーキの搭載を確認するとよいと思います

 

トレーラーにナンバーがついているということは……!?

休日の高速道路や行楽地でジェットスキーやボート、バイクなどを積んだトレーラーをけん引するクルマを見たことがあるかと思います。その記憶を思い返してください。ナンバープレートが付いていましたよね

そうです!!!

トレーラーは車両なのでナンバーが必要なのです!!

エンジンはついていませんが、公道を走行するため車両の扱いになります。ですので当然ナンバーも必要になってきます。

また、自動車はエンジンの排気量によってナンバーが区分されていますよね? 同じようにトレーラーも積載する荷物の総重量やけん引時の全長・幅・高さによって「普通自動車登録」「小型自動車登録」「軽自動車登録」にわけられ、ナンバーの色も異なります。

o8e3c1031e591670c19b75f4d16b10f1d_4620693218556506048_211028_3

 

 

軽トラで牽引可能な軽自動車登録のトレーラー

ここでは現実的に軽トラで牽引可能な「軽自動車登録のトレーラー(軽カーゴトレーラー)」について、いろいろとみていきましょう。

まずはトレーラー自体の寸法です。軽車両ですので軽トラに準じたサイズになりますが、さらに最大積載量350kgが軽車両の分かれ目になります。

軽カーゴトレーラーの寸法

牽引全長:3.4m以下

全幅:1.48m以下

全高:2.0m以下

最大積載量:350kg

車検期間:2年ごと

二人乗りのジェットスキーなどですとこれ以上の重量になりますので、もし軽カーゴトレーラーに興味のある方は事前に積む荷物をある程度想定しておいてください。

また、ナンバー付き車両ですので車検も2年ごとに取得する必要がありますし、自賠責保険の加入も必要になります。

軽カーゴトレーラーの維持費

軽自動車税(1年):3,600円

自賠責保険(2年):5,210円

自動車重量税(2年):8,800円

車検費用(2年):1,400円 ※取得費用は除く

合計:17,810円

o8e3c1031e591670c19b75f4d16b10f1d_4620693218556506048_211028_1

軽トラ車両本体に比べ、軽カーゴトレーラーは自動車税(軽トラは10,800円)と自賠責保険(軽トラは26,370円)の合計金額は四分の一ほどです。

これに購入時はナンバー取得費用や納車整備などが必要になりますので、こちらは販売店などにご相談ください。

 

いかがでしたでしょうか?

軽トラの可能性を広げる「軽カーゴトレーラー」について、ご興味を持っていただけましたでしょうか?

 

ちなみに「トラボ」をご購入いただいたオーナーの方には、このトレーラーにトラボを搭載している方もいらっしゃるんです!
こうすれば、軽カーゴトレーラーの荷物も安心ですね~^^

1998f49c6590116971d5c784526a4f73-640x480

CIMG1709-640x480

カッコいい!!これいい!!

そう思ったそこのアナタ、軽トラでのライフスタイルをよりよく向上するためにも、是非「トラボ」のご購入も検討をお願いいたします。

 

トラボってなに?

トラボとは軽トラックの荷台にカンタンに着脱できる軽トラ専用荷台ボックスです。
大切な荷物を雨・風・雪・ホコリ・直射日光などから守り、カギ付きなので盗難防止にも最適です。全メーカーの軽トラックに簡単に搭載できます。

DSC_0242

色々な軽トラに載せているオシャレな画像もありますので是非ご覧ください

下記の画像をクリックするとトラボ搭載画像集に移動できます^^

トラボ搭載画像

 

トラボの事で気になることやご質問は、お問合せページ又はお電話でお気軽にお問合せください^^

 

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html 

 


各種SNSでも、さまざまな投稿をしています

多くの方に「トラボ」を知っていただき、少しでも役に立ちたいと思っています!(๑•̀ㅂ•́)و✧

■ Twitter ツイッター

■ Instagram インスタグラム

■ Facebook フェイスブック


 

↓トラボのホームページはこちらから↓

 

↓トラボのホームページはこちらから↓

logo

 

 

 

↓お客様の声はこちらからご覧ください↓

FireShot Capture 256 - ブログ I トラボ 軽トラ専用荷台ボックス - https___www.trubo.jp_blog.html

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html

 

 

  • Google+
  • はてブ+
  • LINE

ページトップへ戻る

アーカイブ