トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

お知らせ, 保冷コンテナ, 標準タイプ

軽トラック 荷台の秘密 後編 ハイゼットの荷台は...

トラボ営業の深田です。

個人的に、ダイハツ工業さんは面白いものをつくるメーカーのイメージがあります。

トラボ営業を始めてからですけどw

ハイゼットジャンボ

ご存知のハイゼットジャンボだったり、

ハイゼット デッキバン

ハイゼットデッキバンだったり

 

ハイゼットトラックがS200系になって以降、荷台にはある変化があります。

おそらくディーラーさんも知らない情報です。

それは、

荷台に傾斜をつけてある ということ

ハイゼットトラックユーザー様、ご存知でしたか?

ご存知の方、かなりのマニアですw

懲りずに下手なイラストを描いてみました。(笑)

荷台の傾斜

極端ですが、イメージにするとこんな感じです。

後下がりに傾斜がつけてあります。実測で最大7mmになります。

わずかですので全く分かりませんが、事実です。

また、助手席側下がりでも微妙な傾斜がつけてあるようです。(←計測はしていませんが、間違いないと思います。)

このような傾斜をつけた理由は?

ダイハツ工業さんに問い合わせてはいませんが、

水が後ろに流れるようにしているためなのではないか

というのが私の見解です。

微妙に助手席下がりにしている理由は正直わかりません。(笑)

私の知る限り、荷台に傾斜をつけているメーカーさんはダイハツさんだけです。

この傾斜に対して、傾斜のないトラボを搭載すると当然、斜めのまま搭載されてしまいますね。

そこで、ハイゼット系(ハイゼット、現行のサンバー/ピクシス)に搭載するトラボにはハイゼット系専用のFRP製底板を貼り付け、搭載した時に水平になるようにしています。

 

以上、荷台の秘密でした。

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボ トラボのページはこちら https://www.trubo.jp

ページトップへ戻る

アーカイブ