トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

お知らせ

【軽トラ荷台ボックス】 トラボ 搭載時の荷台マット

 

こんにちは。

トラボに使われている部品やオプション等を勉強中の江原です。

 

トラボを載せるとき  軽トラックの荷台に、荷台マットはあった方がいいですか? 

と、お問い合わせを頂くことがあります。

荷台ゴムマット

はい、荷台マットはあった方がいいです。

 

トラボの底面と荷台が直接あたると、走行中カタカタと音がしたり、擦れて塗装が剥がれ、サビの原因になる恐れがあります。

DSCN6589
(こちらが、トラボ底面の写真です。)

 

それを防ぐためには 【荷台ゴムマット】 が有効ですが、重さ20kgくらいあり、お値段もそこそこします。

そこで!

比較的安く、とても軽い商品をご紹介します♫

 

 

ホームセンターで切り売りされている床材です。(クッションフロア 厚み2~2.5ミリ)

クッションフロア

10センチ単位で切り売りされているので、幅182センチのものを長さ140センチだけ切ってもらえば大丈夫です。

クッション性があって非常に軽いので、トラボ搭載にオススメしています

 

※トラボの載せ降ろしの際、クッションフロアはズレやすいので、両面テープを使うと便利です

クッションフロア2

可愛いクッションフロアがありました。好きな柄を敷くのもいいですね♪

 

 

 

以上、トラボに使われている部品やオプション等を勉強中の江原でした。

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:120-456-933

軽トラ専用荷台ボックス トラボ トラボのページはこちら   https://www.trubo.jp

ページトップへ戻る

アーカイブ