トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

ダンプ, 軽トラック

軽トラ ダンプ車 トラボは搭載可能なのか? その②

こんにちは。
トラボのことならトラボ営業の深田です。
製品情報はもちろん、製造工程に関する詳細も熟知しており、お客様が求める最適の情報をお届けします。
トラボのことならおまかせください!

さて、  軽トラ ダンプ車にトラボは搭載可能なのか? の続きです。

 

前回、 鳥居と荷台が一体化したダイハツ「ローダンプ」にトラボは搭載できない  

ローダンプ2

と述べましたが、理由はとっても簡単です。

ダンプへ搭載①   ダンプへ搭載②

この2枚の画像は実際に 荷台と鳥居が一体化していないローダンプにトラボを搭載 したものです。

前側のアオリの天面にトラボ外周が来るまで(MAXまで)前に寄せているのがわかると思います。

ダンプへ搭載③   ダンプへ搭載④

これらは後ろの様子です。(本当にぎりぎりですね)

 

ローダンプ鳥居

しかし、この画像のように荷台と鳥居が一体化したものの場合、

アオリの天面に鳥居の柱が溶接されているため、トラボが鳥居に干渉して前に寄せきることができず

結果的にトラボの後ろが荷台からはみ出るのです。

 

おわかりいただけたでしょうか?

条件付きですが、ダンプ車にもトラボを搭載できる車種があることを知っていただければ幸いです。

ご不明な点などございましたら、深田までお気軽にお問合せください♬

 

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933

軽トラ専用荷台ボックス トラボ トラボのページはこちら   https://www.trubo.jp

ページトップへ戻る

アーカイブ