トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

トラボ 動画, トラボの特徴, 標準タイプ, 軽トラック

軽トラ荷台ボックス「トラボ」 特徴 その③ 雨・雪でも安心

 

軽トラックユーザー および 愛好家のみなさんのお悩みといえば、

「荷台に載せている荷物の盗難が心配...」

「いきなり雨が降ってきたら荷物が濡れてしまう...」

 

トラボのお問合せのとき、特に多くお聞きする お悩みです

 

 

以前、
軽トラ荷台ボックス「トラボ」 特徴 その② 施錠で安心・安全(前編)

https://www.trubo.jp/normal/10380.html で「荷台に載せている荷物の盗難が心配...」について お伝えしました!

 

今回は、「いきなり雨が降ってきたら荷物が濡れてしまう...」という お悩みに関して、お伝えしていきます

荷台に平シートや幌をしていなかったら、雨が降れば荷台に載せた荷物は もちろん濡れてしまいますね

平シートや幌でも隙間から水が浸入したりということも...

 

そこで、
軽トラ荷台ボックス「トラボ」  特徴 その③ 雨・雪でも安心
についてお伝えします

 

トラボは、雨が降っても 雪が積もっても

 「安心してください、濡れませんよ!」(笑)

 

なぜ安心かというと トラボは ハッチ(扉)がついている「ボックス」だからです!

はじめから ボックスとして製作しているので、ハッチ(扉)は ピッタリ締まるんです

 

そんなこと言っても「大雨だと雨が入るんじゃない?」と いう方もいらっしゃるかもしれません!

でも、

 「安心してください、入りませんよ!」(笑)

 

大雨を想定した実験もしてみました。
一番 水が入ってくる可能性の高いハッチ(扉)と本体の間に、バケツで水をかけました!

その実験動画をご覧ください\(^o^)/

トラボ荷室内への水の流入はありませんでした

 

なぜ、大量の水をかけても荷室内に水が入らないのでしょうか!?

その答えは、ゴムパッキンと高性能シーリング材にあります。

 

トラボ本体側には、ゴムパッキンをはめ込んでいます。

ゴムパッキン

 

ハッチを閉めると、このようにハッチ(扉)とゴムパッキンが密着します

CIMG1210

(トラボ荷室内からの様子です。)

ハッチ(扉)には高性能シーリング材を使用しており、より密閉性を高めています

 

 

 

また、積雪地ではこのように平シートの上に雪が積もって、困るときありますよね。

軽トラ 平シート 雪

 

トラボにも 雪は積もりますが、雪の重さに耐えることができ 雪降ろしなども ラクラクですヽ(´・∀・`)ノ

 

 

軽トラ専用荷台ボックス「トラボ」によって、軽トラックユーザー および 愛好家の方々の悩みが 1つでも解消できれば幸いです。

今後も 弊社および社員一同、微力ながら社会に貢献できるよう精進して参りますm(_ _)m

 

 

 

 

山陽レジン工業㈱ 岡山市南区藤田239-19
お問合せ電話番号☎:0120-456-933

お問合せページ:https://www.trubo.jp/contact.html

軽トラ専用荷台ボックス トラボ トラボのページはこちらhttps://www.trubo.jp

ページトップへ戻る

アーカイブ