トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

標準タイプ

軽トラ野郎

こんにちは。 トラボ営業の深田です。

スズキキャリィトラックが14年ぶりにモデルチェンジされ、新型キャリィとして発売から2ヶ月以上経ちました。

売れ行きは好調なのでしょうか??

新型キャリィにトラボ搭載を検討されるお客様が多くなってきました。 嬉しいことに、すでにご成約頂いているお客様もいらっしゃいます。

「あの、軽トラ野郎を納車待ちなんですね~」 とお話すると会話が弾みますね。(笑)

20131204

 

前モデルでは、キャビンより前にフロントタイヤを配置するセミキャブオーバーを基本としていましたが、全面改良した新型キャリィでは、前モデルの途中に追加されたキャブオーバー(タイヤの上にドライバーが位置する:前モデルのキャリィFC)のレイアウトに見直しているのが特徴とのこと。

これにより、クラストップの荷台フロア長はそのままに、居住空間を拡大し、ゆとりある快適なキャビンを実現しているといいます。

また車重を50kg軽くして軽トラNo.1の燃費を実現しているそうです。

今後、ますますお問い合わせが多くなってくると思われます。 軽トラ野郎に期待ですね!

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボ トラボのページはこちら https://www.trubo.jp

ページトップへ戻る

アーカイブ