トラボは軽トラックの荷台にかんたん着脱!軽トラ専用荷台ボックス。

Q7.見積書・注文書のすき間確認図への記入は必ず必要ですか?
トラボを正しく搭載するためには、軽トラックのアオリおよびゲートプロテクターとトラボのすき間を十分に確保し、
底面が荷台に接する必要があります。
万が一すき間が確保されないまま使用すると、アオリと接した部分に負荷がかかり、破損する恐れがあります。
すき間確認図下部の計算式に軽トラックの状態を記入して頂き、もしすき間が2mm未満の場合は調整が必要となります。
調整方法としては、ホームセンター等で販売されているプラダンや、クッションフロアなどの床材を荷台に敷いて頂くのが安価で軽量なため
おすすめです。
すき間は6mm位までが良好ですが、それ以上であっても問題はありません。2mm~6mmだと、より軽トラックとの一体感が増します。

すき間確認図

お問合せ

▲ページトップに戻る

お問合せ